施設概要

100d

〈施 設 概 要〉

別府市の住宅環境がドーナツ化現象となり、昭和50年代から住宅が増え続けた大畑地区に園舎[2階建(鉄骨・鉄筋コンクリート造・陸屋根・亜鉛メッキ・鋼板葺)、延面積1,099.14㎡]があります。1階は昭和54年築で古いのですが、平成元年にさくら・さくらんぼ保育を始めることになり、床は全て檜の床へと変更。又、セメント張りだったテラスを檜張りにして室内を広げるとともに、腰壁だった窓も南面は全て掃出し窓にして、明るく風通しが良くなるように大改造をして現在に至っています。

1階

2階は平成13年度に空間と明るさと風通しを前面に考えた大増築をしました。0歳児室は0歳児だけでのびのびと活動できるように静かな場所にあります。1階の屋上に天然芝を植えていつでも0歳児が外に出られるように工夫しています。4・5歳児室は263.4㎡(約80坪)と広く、子どもたちがリズム遊びをするとき思いっきり体を動かせるように室内が作られています。2階

〈檜について〉
当園で使用しているのは、檜材の1等で節がある長さ4m・幅10.5cm・厚さ15mmの檜です。檜は冬はあたたかく、弾力性があり、リズムで飛び跳ねても足を傷めにくい。又、子どもたちが毎日雑巾がけをしても腐りにくいなどの利点があります。

100d

Copyright © 社会福祉法人青葉会 あおばこども園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.